観光するならバスツアー
2018年8月15日

増えてきている「おひとり様ツアー」

社会が多様化し、旅行が娯楽の一つとして定着し久しくなりました。

家族や友人と共に出かけていた旅行も多忙な日常の中でスケジュールが合わせにくかったり、個々の嗜好が違うためにツアーに一人で参加するケースが増えています。

一人で参加することが寂しいことではなくなっていることも一因です。

スマホや携帯電話が普及し、遠距離にいながら友人や家族たちとリアルタイムで連絡をしたり会話することができます。

旅先から写メを送り、自分の感想を伝え、その場にいない友人たちと共に旅を楽しむ事ができます。

友人代表でツアーに参加している形になっています。SNSを使い、同時に数多くの友人とする会話をすれば、寂しいことはなく友人たちと盛り上がり楽しい旅にすることができます。

一人で旅にすれば、旅仲間ができます。四国八十八カ所巡りなどのツアーは、1回の旅行では終わらず数回の旅行を重ねることになります。

回数を重ねるごとに旅仲間と交流が深まり新しい友人がになることもあります。同じたびに参加しているため、嗜好も似通っている場合が多く、話が合いやすいからです。

例えば、ダイビングツアーに参加する人はダイビングが好きな人達です。ダイビングがテーマの話であれば話をしやすく盛り上がりやすくなります。

最後に、一人参加が増える理由として気疲れの無い旅になるという理由があります。

気心が知れた友人との旅も楽しいが、どこか心の隅で気づかぬうちに友人に気を使ってしまいます。

一人参加では、州の人には常識としての気遣いは必要だが、後々の友人関係を左右するような友人への気遣いをする必要がありません。

新しい自分を見つける自分再発見の旅をすることができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *