観光するならバスツアー
2018年7月18日

福岡発で富士山に登る場合の特徴

福岡発で富士山に登る場合には、まずどのようなルートを確保するかを十分に考えなければなりません。

通常は、どの時間帯に登山するかを逆算しながらルートを考えていきます。ルートといってもどの登山口から登山するといったことも大事ですが、そもそも福岡発でどのように富士山までいくかの行程を考えることが大事なります。

福岡発の場合には、飛行機でいく場合と夜行バスで行く場合、そして新幹線で行く場合の3種類が考えられます。飛行機は一番移動する時間が早くなりますが、富士山最寄りの空港から富士山まで2時間程度かかってしまうため飛行機の搭乗時間が短かったとしても結局は4時間程度かかってしまうことになるでしょう。

乗り換えが面倒な場合には、夜行バスを使うと便利です。夜行バスの場合には、10時間程度かかるため福岡県を出発するのは夜の8時ごろになり、現地に到着するのは朝の6時ごろです。早い時間に山に登りたい場合には、夜行バスがぴったりですが座席で眠ることに慣れていない人は疲れてしまう可能性が高くなります。

そうすると、登山に影響を及ぼしてしまいますので無理をしないことが重要です。新幹線に行く場合には、名古屋駅か静岡駅までのぞみ号で行きそこから先はこだま号に乗り換えてさらに在来線に乗り換える必要があるでしょう。

乗り換えが多いため大変ですが、一番時間通りに到着するのがこの方法になります。それぞれ自分たちにとって一番良い交通手段を選び、体調がすぐれた状態で登山をしてみましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *