観光するならバスツアー
2018年7月9日

大阪発で富士山に登る場合

富士山は、世界的に有名な山の一つですが日本国内からの登山者は非常に多い山の一つです。

特に、朝日を見るご来光は人気があり、多くの人が早朝の山の頂上に駆け付けます。大阪発で富士山に登る場合には、いくつかルートがありますがその中でも人気なのが高速バスになります。

高速バスで大阪発で富士山まで行くためには、およそ6時間程度の時間がかかりますので、途中でサービスエリアに何度か休憩しながら現地に到着する行程です。もう一つは、新幹線で行く方法になりますが、この場合は新大阪発で新富士駅まで行くことになりますのでこだま号に乗車するか名古屋まではのぞみ号で行きそこから先はこだま号っていく必要があります。

この方法だと、高速バスで行くよりもはるかに早い時間に到着します。乗車時間およそ3時間半程度になりますので少しでも時間の節約をしたい場合には新幹線が便利です。ただこの場合には、途中で普通列車に乗り換えるため結果的に5時間程度の時間を要すると考えた方がよいでしょう。

夜明けに頂上に登るためには、逆算をして何時頃登山しなければならないかを考えます。夜明けが5時ぐらいだとした場合に、頂上まで登るには夜中の12時ごろ出発する必要があります。

そうすると、寝る時間があまりありませんので早い段階で睡眠をとっておきの中の11時ごろには起きている必要があるでしょう。無理して眠らず行くとけがをしたり下手をすれば滑落する恐れがあるため要注意です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *