観光するならバスツアー
2018年2月6日

風光明媚な白馬のスキー場を訪れる

白馬は、長野県北部の豪雪エリアにある日本を代表するスキーエリアであり、関東・名古屋・関西といったエリアからは、日帰りではなく1泊や2泊といった泊まりで来る観光客が多くを占めています。

白馬のスキー場の特徴としては、ロングコースが多い事で山麓を見渡す風光明媚なエリアとなっており、晴れの日は風景を楽しみながら滑る事が出来ます。

山麓に近いエリアは、ファミリーにも安心ななだらかな初心者コースが多く、中腹や山頂エリアは20度~35度程度の中・上級者エリアとなっていて、午後になるとコブが出来るので、モーグル等の難易度の高い技術を磨くのにぴったりです。

白馬のスキー場は、広大な面積を誇るリゾートが多くなっていて、山麓エリアにホテル・民宿といった宿泊施設が立ち並んでいます。これらの施設は数十人単位の団体の受け入れも行っており、学生のサークル利用や卒業旅行の際に行く事も出来ます。

ファミリー客は、家族経営のペンションに泊まるとご当地の食材を活かしたメニューや、温かいおもてなしを受けられるでしょう。

スキー場での楽しみといえばランチですが、各リゾートでは工夫を凝らしたメニュー展開を実施していて、スタンダードな丼・麺類はもちろんの事、本格的な洋食を食べられるレストランや飲食店が多く存在しています。

食事の質を上げたい場合は、事前にネットで調べておくと満足感ある食事が楽しめて午後の滑りの質を上げる事が出来るでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *