観光するならバスツアー
2017年12月31日

美味しいかにを食べるなら日帰りのかにバス

冬のバス旅行の定番と言えば、日帰りのかにバスです。

冬季に定期的に運行されており、かにの名産地と都会を結ぶのがかにバスで、日帰りで行くことができます。都会でかにを食べたいと思ったときは、かに料理の専門店に行ったり、スーパーや通販でかにを購入し自宅で食べるのが一般的です。

しかし、かにを食べるなら水揚げされる産地で食べるのが一番で、新鮮なかにを堪能することができます。旬のかにを都会で食べるなら、比較的近場で日帰りのできるかにバスで産地に行くのが最も良いのです。

また、日帰りのかにバスで行くメリットは、移動が楽なことも上げられるでしょう。かにの名産地には、電車やマイカーで行くことは可能です。しかし、電車だと乗り換えが発生する可能性がありますし、駅に着いてからお店まで歩かなければいけません。

車の場合は長時間運転するので疲れますし、かにと一緒にお酒を飲むこともできません。また、冬になると雪道を運転する可能性もありますし、駐車場などの心配もする必要があります。しかし、日帰りでかにバスに乗って行けば、お店の近くで降ろしてくれるので現地で迷うことはありません。

慣れない雪道を長時間運転する必要もないですし、かにと美味しいビールや日本酒も味わうことができます。産地から離れた都会でも、新鮮で美味しいかにを食べることは可能です。しかし、産地で食べるかにに勝る物はないので、旬の美味しいかにが食べたければ現地に行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です